一人暮らしのコロナ療養生活 (1)

一人暮らしの大学生の息子が新型コロナウイルスに感染しました。

大分に旅行に行き、どこかで感染したようです。

一人暮らしなので、家族は濃厚接触者にはならないものの、何かと心配でした。

若い人は重症化しないと言われているものの、命に関わる可能性のある病気ですからね。

まずは情報収集

コロナウイルス蔓延から2年も経過しているため、情報も対策もネットですべて情報収集できました。

病院で診断の確定はしてもらったものの、保健所との個人でのやりとりもなく、療養生活終了の指示もありません。

つまり、管理されていないので10日の隔離を待たずに、行動できてしまうということもわかりました。

感染が止まらないのも仕方ないのかもしれません。

息子の感染でコロナの知識もついたし、学びも多かったので、発症から感知までの様子や対応を記録しようと思います。

これからも感染の可能性は高いですからね。

さて、お騒がせな息子はすでに完治し、帰省しています。

懲りずに来週から鉄道の旅に出かけるようです。

 

ーーー

久しぶりの投稿です。読んでいただきありがとうございました。

これからは更新頻度を上げていく予定です。