【就活】趣味の欄に何を書く?

趣味を通して学んだこと?

就職の選考で提出するエントリーシートには、趣味や特技の欄があります

学生からは、「この欄に何を書けばいいのでしょうか?」という質問も結構あります。

何か高尚な趣味を書かなければならないと思っている学生も多く、「趣味を通して学んだこととか書かないとダメですか?」という質問もあります。

面接官は趣味を聞くことで、その学生をいろんな角度から知りたいと思っているのです。

高尚な趣味でなく、普通のことで大丈夫ですが、夢中な趣味であれば、面接で会話も弾むでしょうね。

実際、趣味で多いのは、
YouTubeをみること
ゲーム
旅行
料理
動画編集
部活でやっていたスポーツ
読書
などでしょうか?
ゲームは印象が良くないので、変更する学生も多いですね。

社会人もゲームが趣味な人が多いんですけど…

夢中になれる趣味があると

オンライン面談のときのこと

学生が画面を共有する際に、パソコンの背景画面が水槽のカニの写真だったので、

「カニだね?」 と何気なく言ったら、「好きで、いろいろ育てているんです」という会話になりました。

「趣味で書けるね」と言うと、「そんなこと書いていいんですか?」と聞かれました。

立派な趣味で、飼育にはノウハウも必要だと思うのですが、就職のエントリーシートに書くのはちょっと違うと思っていたようです。

自分の好きだったり、得意だったりすることは、面接で生き生きと話せるかもしれません。

就職活動の面接では、常に100%頑張っている姿だけでなく、習慣にしていることや、普段のあなたが知りたいのです。

趣味はあると、就職の場でも自分の助けになるかもしれませんね。