高学歴な人の会話

OGより学ぶ

娘の学校では、社会人から様々な講座を受けるプログラムがあります。

先日娘は、大手コンサルティング会社⇒現在ITベンチャーに勤務しているOGからプログラミングの講座を受けました。

その際に、OG(20代)はこんな話をしてくれたそうです。

周りには東大など高学歴の人が多く、その人達と働いていると感じることがある。

高学歴の人は、普段の会話に歴史など知識を交えながら会話をするので、しっかり勉強していないと会話に入れないことがある。

社会に出るために、しっかり勉強し幅広い知識を身につけておいたほうが良い…というお話だったとか。

娘は、高学歴のユーチューバーの動画を見ているとその傾向があると妙に納得していました。

先生、わかりません

娘の話を聞き、たしかにその通りかもと思うことがありました。

私が以前勤めていた職場に、とっても偉い医学系のB先生がいました。

偉すぎて、なかなか声をかけにくい存在です。

ある時、そのB先生が何気ない会話の途中で、スラスラと…何かを話しだしたので、

私がポカン?とした顔をしていたら…

ニーチェだよ。知ってる?と言われました。

ニーチェって、何だっけ?当時の私は何も返せず、とりあえず愛想笑いするのみ。

B先生は医学以外の哲学的なことも詳しくて、凡人の私とは違いすぎると思ったのを覚えています。

すぐに、「ニーチェですね?」と返せたら、私の株も上がったでしょう。

いまだに、ニーチェの格言は一つも浮かびませんが…