子宮頸がん予防ワクチン 無料接種時期を逃さないために

子宮頸がん予防ワクチンの話

子宮頸がんワクチンが国の負担で無料接種できることを半年前に知りました。

接種の対象は小学校6年~高校1年までの女子

いろんなことにアンテナを張っているつもりでしたが、情報が入ってこないことにびっくり。

我が家の場合は、娘が中3の時、保健の授業で無料で受けられる権利があることを知り、私に話してくれたのがきっかけです。

自費接種だと数万円もかかるんですね。

ニュース等で、子宮頸がんワクチン予防接種後に重い症状がでたことがきっかけで、国が推奨していないことは知っていました。

しかし、無料接種できる権利が継続されていたことは、全く知らなかったのです。

そのような経緯や、周知もなかったためか、最近の接種率は数パーセントと低いそうです。

品川区では、子宮頸がん予防ワクチンについてのお知らせがあったそうで、『ワクチン受けた?』とママ友から聞かれました。

私の住んでいる区からは、未だにお知らせはありません。

行政によって対応が別れているようですが、今後広がっていくことでしょう。

接種するかは、自身で判断するとして、権利があることは知らせて欲しかったと思います。

慌てて周囲から情報を集め、接種することに決め、現在2回目の接種が終わりました。

半年かけて合計3回の接種が必要で、準備から時間がかかりました。

無料接種を知ったのも中3の冬で、息子の受験の時期でしたからバタバタしていて、慌てて準備しました。

つぎは、接種までの準備について書く予定です。

詳細はお住まいの市町村のホームページを確認してみてくださいね。

次の記事 子宮頸がん予防ワクチン 準備から接種まで