勝手に進学先の傾向を考えてみた

息子が通っていた中高一貫の男子校は、合格者の大学と名前が構内に張り出されます。

再チャレンジの1つ上の学年の生徒の名前も掲示されています。

中1のときから見ていたので、当たり前かと思っていたのですが、珍しいようですね。

もちろん、娘の通っている女子校では、個人名など一切だしていませんから。

合格実績が掲示されていても、受験生は学校に行かないので、それを見るのは在校生ということになります。

先輩は、こんなにがんばってるぞというメッセージでしょうか。

先日、用事があり学校へ行く機会があったので、ずらりと並んでいる合格実績を見てきました。

卒業式で成績優秀と表彰されていた生徒は、最難関の国立大学や医学部に名前がありました。

本当に実力があるので、皆、早慶のW合格もしていました。素晴らしい…

息子の学校は、ほとんどの生徒が国立大学を受けていますが、早慶の合格実績に比べると最難関国公立の東大、東工大、一橋は思ったより合格数は少ないと感じました。

男子校のせいか、それとも息子の学年の特徴なのか、皆、国立大学の志望校をオープンにしているので、どの大学を受験するのか生徒同士は把握しているのだとか。

しかし、実際の難関国立大学の合格者は受験した学生の3分の1程度だったかもしれません。

やはり難関国立大学の倍率は2〜3倍でも合格するのは難しいのだと思いました。

何が何でも国立大学へ行く!という学生は少ないようで、早慶に合格した学生はそのまま進学しているようです。

息子の学校では、慶応より早稲田のほうが人気で、合格者数から見ると難易度は理系、経済では早稲田のほうが上だと感じました。

早稲田では政経が最難関で、商学部の合格が多いですね。

今年の早稲田政経は倍率が下がっても私学の最難関だと思いましたが、商学部は狙い目かもしれません。

最終的な進学先として、理系の学生は地方の旧帝大やその他国立大学へ進学する生徒もいますが、文系の学生で地方へ進学したのは旧帝大のみでした。

MARCHの合格にとどまった学生は、翌年再チャレンジをする生徒も多く、息子の文系クラスでは3割強が浪人を選択していました。

男子校は浪人が多く、仲間がいるので、翌年結果をだしている生徒が多いと思います。

先生方も生徒の自主性を尊重し、最善は尽くしてくれますが、現役合格にこだわっていない気がします…

男子校は、エンジンがかかるのが遅い場合もあるので、一年プラスは覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

しかし、クラスで受験への団結が生まれると、ものすごい勢いでやる気も成績も伸びていくのだと思いました。

男子校に入れたことを後悔した時期もありましたが、それは、それは、興味深いものでした。