2021入試 最も難解だった入試問題は?

受験した大学で最も難解だったのは

息子は、2021年国際系、法学部、外国語系を中心に受験しました。

多くの大学の受験を経験しましたが、その中で最も難しかった試験問題は…

青山学院大学 国際政治学部 との回答

青学の看板学部で人気ですね。

今年から大きく入試形式が変更になり話題になりましたね。

国際政治学科一般選抜A方式の試験形式(64名)

共通テスト3科目スコア 国語、英語、社会または数学
試験当日は独自問題です。
◎論述50分
【国際政治分野】を出題範囲とし、読解力・論述力・論理的思考力をみる
◎総合問題50分
出願時に以下のいずれかを選択。
総合問題1:【国際政治分野】+【国際経済分野】
総合問題3:【国際政治分野】+【国際コミュニケーション分野

青学ホームページより引用

《各学科の分野の出題範囲》(いずれの分野も問題に英文を含む。)
【国際政治分野】「地理歴史、公民」(「政治・経済」、17世紀以降の「世界史」、17世紀以降の「日本史」)、読解力・論理的思考力を問う問題
【国際経済分野】「地理歴史、公民」(「政治・経済」、17世紀以降の「世界史」、17世紀以降の「日本史」)、数量的理解および読解力・論理的思考力を問う問題
【国際コミュニケーション分野】「英語」、読解力・論理的思考力を問う問題

 

新しい形式なので過去問はないため、対策は手厚くできません。

そのため、一般選抜A方式の志願者は前年度の半数以下とびっくりするほど減りました。

対策しなくてもいいので、これはチャンス…

サンプル問題を解いて、対策せずに受験に向かいました、

しかし、帰宅後、難しすぎて、全然わからなかった
と呆然としていました。

つまり、全然チャンスではありませんでした。

問題をみると、世界史、地理、日本史の背景知識がまず必要で、図表など読み取り、英語のリーディング…

今まで取り組んだことない、難しい形式。

今回は、対策のしようがない問題で、この問題で高得点を取るのは難しかったのでは…と思います。

結果として、共通テストで高得点を取った人が有利でしょうね。

来年以降もこの形式だと、第一志望で受験しようと思う人がどれくらいいるのか疑問です。

模試での偏差値が高いからと言って合格できる問題ではないと思うので、模試の合格可能性は参考程度でにしておくことをおすすめします。

もし、来年受けるなら、どう対策する?

塾がどう対策してくれるのか、知りたいです。

この形式が続くなら、対策が難しすぎるため、娘にはすすめないと思います…