中学受験 当日用意しておくこと

中学受験のスタートは1月から

緊急事態宣言が発令されましたが、受験は予定どおり行われるようで、ほっとしています。

大学受験生の共通テストが注目されていますが、中学受験の埼玉入試が一足早く今週末実施されます。

我が家の二人の子どもも中学受験を経験し、1月に入試を受けました。

息子は埼玉の中学を受けましたが、とにかく遠くて、朝が早くて大変でした。

2月の本番の入試に備えて受けた学校ですが、息子の時は私も初めての受験でとても緊張しました。

会場まで一緒に行き、試験会場に向かう子供の小さな背中を見送ったとき、こんなに小さい体でここまで頑張ってきと思うと、なんともいえな気持ちになったのを覚えています。

この日のために何年も頑張ってきたのだと…

今年はコロナでなかなか思うようにならず、親御さんの思いも複雑ですね。

当日までに用意すること

さて、入試当日、私がおすすめする用意しておくことは…

 試験会場に向かう子どもにかける一言です。

学校まで一緒に行き、教室へ向かう時に子どもにかける一言は、何も考えていないと、がんばってねとなるでしょうか。

がんばってね、この言葉も良いと思うのですが、とっておきの一言を考えておくのもおすすめです。

どんなに度胸のある子どもでも、受験では緊張します。

今年は、学校の入り口の塾の応援はなさそうですので、独特な感じは少し緩和されるでしょうが。

 

今の私だったら…と考えてみました。

メッセージは1つに絞るのがポイント。

いろいろ言われると何も残らなくなる可能性ありです。

メンタル編

・ここまで頑張ってきたのだから大丈夫。

・落ち着いて、いつもどおりでね。

 

実用編

・試験の始まる前にトイレに行ってね。

・解答用紙は、まず、名前を書くんだよ

・困ったことがあったら、教室の先生に聞くんだよ

ちなみに当時の私は、最初にトイレにいってねと伝えました。

普通ですね…

内気な息子は、みんなが座りだしてしまうと、試験前でも席を立つことを躊躇してしまうと思ったからです。

子どもの特性に合わせてかける言葉を考えてみてください。

 

もう一つ必要なもの

そして、意識して笑顔で送り出しましょう。

親も緊張しているので、笑顔は意識しないと作り出せないかもしれません。

今年はマスクをしてますから、目で笑わないといけませんね。

鏡で練習してみますか?

 

子どもは親の顔色をいつもみています。

子どもは親が喜んでくれるのがうれしいのです。

私も受験生の親ですが、平常心で、そして笑顔で乗り切りたいと思います。

 

👇保護者向けコラムはこちらから👇

見つめるナベは煮えない

鬼滅の刃にみる炭治郎のレジリエンスの高さ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です