英語学習はいつからはじめる?

英語を得意科目にする

グローバル化により、大学受験や社会にでるために英語の能力は必須になりました。
そのため、将来に備えて英語を小学生から習わせる親も増えていますね。
子どもたちの中学受験で学校説明会に参加した際に、英語はアルファベットから教えるので経験がなくても大丈夫ですと言われました。

しかし、実際入学するとかなりの割合で英語を習っている子が多いと感じました。

あくまでも私の経験からですが、中学からの英語学習をスムーズに進めるなら、小学生から英語を習うことをおすすめします。
まずは、中学のスタート時に英語に苦手意識を持たせないことが大切です。

我が家の場合

我が家の子ども二人は中学受験を経験しました。
英語学習は、小学生の時に、息子は1年間公文の英語、娘は公文に1年ECCジュニアに1年くらい通いました。

二人とも中学受験のために5年生でやめています。

小学生で少し習った経験があるので、中学での英語は二人ともスムーズで、得意科目になっています。
受験で一年間英語のブランクがあっても、学んだことは身に付いていました。

また、娘は中1からオンラインKimini英会話を始めました。

毎週固定の時間に塾に通うことなくレッスンできるのが魅力です

最近オンライン英会話は人気で、会社もたくさんあるのでどの会社がいいのか悩みますよね。

お手軽なオンライン英会話

娘は、学研のオンライン英会話kiminiを約3年間続けています。
カリキュラムが学校の内容に近く、月会費も安いので決めました。
我が家は1ヶ月6000円くらいのプランに入っています。
フィリピンの先生は皆さん優しく、お気に入りの先生を選ぶこともできます。
Kimini英会話は、一日、一回25分で、自分の都合にあわせてレッスンできるのが最大のメリットです。
娘は予習、復習はほとんどせずに、レッスンを受けていたました。

宿題もないですし、負担にはならなかったようです。

オンライン英会話のおかげで学校の授業が復習になり英語力は定着しました。

しかし、オンライン英会話は話すことが主ですので単語を覚える、文章をかくのは学校の授業でやっていたのだと思います。
kimini英会話を週に1~3回ほど取り組み、中3の6月に英検2級を取得しました。
英検対策のコースもその都度選べるので面接対策はとても役立ちました。

小学生とオンライン英会話

オンライン英会話は小学生からでもおすすめです。
しかし、小学生の場合は最初の1ヶ月くらいは親が一緒でないと指示が理解できず、会話が進まないことがあります。

内気なお子さんは最初は不安でしょうから、様子を見ながら徐々に親が離れて行くと良いと思います。

英語学習は小学生(3〜4年)のうちに取り組んでおくことで英語にスムーズに入れると思います。

中学受験を目指すのであれば、英語学習は5年生までが負担にならないでしょう。

大学受験 英語力はどこまで目指すのか

オンライン英会話は比較的お手頃に始められますが、英語塾に通うと月謝も高く、時間をとられます。
しかし、海外大学を目指すのであれば、中学から専門の英語塾をおすすめします。

準1級以上の、TOEFL、IELTSスコアの取得が必須です。

大学受験までに準一級まで目指すということであれば、中学卒業までにオンライン英会話などで、まず2級まで取得が目安だと思います。

2級までの文法がしっかり身につけば、準1級は単語をとにかく覚えていくことが重要になってきます。
息子は独学で準1級まで取得し、その後は得意科目を伸ばすために高2から英語専門塾に通い始めましたが、海外大学を目指す生徒とはレベルの差を感じているようです。
英語は積み重ねが必要な科目ですので、中学入学から苦手意識を持たず、取り組むことが大切だと思います。
気軽なオンライン英会話はいろいろありますので、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

統計検定のすすめ

次の記事

大学受験 大量印刷