どうなる4月からの大学

オンライン説明会開催中!

いよいよ2ヶ月後には共通テストがあります。

まだ、まだ先のことと思っていたのですが、あっという間にその日がきそうです。

そして、毎日のように大学説明会が開催されています。
今年は殆どの説明会がオンライン開催なので、例年より多くの学校情報が集められるのはメリットです。

最も気になるのはコロナの大学生活への影響のこと。
受験そのものも気になりますが、入学できたとしても4月から学校に通えるのかどうか。

対面授業について前向きに検討しているのか、オンライン授業を充実させて進めようと考えているのか…
特に地方の大学に入学することになったら、自室で一人でオンライン授業とは親としても不安です。

ワクチン開発など社会情勢で変わるでしょうか、大学側の考えは知りたいと思い参加しました。

 

大学に登校したい

何校か説明会に参加しました。

積極的に授業を対面形式に戻そうと努力しているのか、オンラインを進めるのか、学校によって考え方にあきらかに違いがあると感じました。

学校の種別や地域の特性など、学校側のスタンス、考え方がわかりました。

私が説明会で聞いたあくまで個人的な印象や感想です。

学校に通わせてあげたい…

 

東京の大規模私立大学

ざっくりとですが、全体的にオンラインに力をいれている印象です。

学生を構内に入れ、対面授業をするのにはかなり慎重です。
部活動を開始している大学は、1年生も先輩との交流はできているようですが、ほぼオンラインです。

都心の大学では4月からも、期待しない方が良さそう。
仕方ないのか…。
諦めるしかないのか…。
ワクチン次第なのでしょうか。

地方某公立大学

私が聞いた大学の中で対面授業に最も消極的な大学でした。

今年入学した1年生は、4月から一度も構内に足を踏み入れたことがないと言っていました。

東京出身の学生は寮にも入らず、自宅でオンライン授業をしているとのお話。

東京に比べ感染者数はかなり少ないので、対面授業は積極的にしているのかと予想していたのですが、生徒を登校させるのは東京以上に消極的だと感じました。

東京からの入学者が多い大学なので、東京からの生徒を受け入れることに慎重なのでしょう。

公立ですから県の意向が反映されるので、やむを得ないのでしょうが、ちょっと残念な印象を受けました。

地方私立大学

4月から対面授業を行うために準備をしていくと最も前向きな印象の大学。

留学生が多い大学なので、オンラインに力をいれていくのかと予想していました。

しかし、ワクチンの見通しが立ちそうなことや、オンライン授業のデメリットを考え4月からは対面授業を進めたいというお話で、久しぶりにわくわくした気持ちになりました。

アクティブ・ラーニングを重視しており、オンラインでは本音で話ができないということがわかったそうです。
留学生の国によってはオンラインだと録音され、外部に自分の考えがでる可能性があると考え、本音で語れていないとか。

対面、オンラインどちらにしてもメリット、デメリットはある。

これからの状況で変わる可能性はあるかもしれないが、大学としては対面に戻していきたいという強いメッセージを感じました。

関西にある国立大学

対面授業に前向きな印象を受けました。

感染者数が多い地域ですが、対面授業を行っていきたいと言う意志を感じました。

6月には新入生を学校に呼び、話題になったり、対面授業が積極的で地方のローカルテレビでも取り上げられたりと関西でも対面に積極的な大学のようです。

生徒のことを考えてくれていると感じた大学です

関西弁の職員の方と個人面談でお話しましたが、関西弁の方と話すことがほぼないので、吉本の話を聞いているみたいで、あまり内容に集中できませんでした。

個人的に楽しかったです。

 

さて、どうする

大学によってこんなにも違いがあるのだと感じ、参加し、かなりの収穫があったと感じました。

どちらがいいのかは個人の判断でしょうが、私は、親として対面授業を行いたいと努力している大学に通わせたいと思っています。

このような非常時に、大学がきちんとメッセージを発信しているかは注目したいです。

どちらがいいのかは個人の考えによると思いますので、難しい問題ですが、しっかり確認して、納得して入学したいですね。

そこの確認は親ができることの一つではないかと思います。

すべて、合格すれば…の話ですがね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です