大学受験対策 英語外部試験の受け方

英語を制す者は受験を制す

英語を制す者は受験を制すと言われるほど大学受験では英語が重要視されています。

文系でも理系でも英語が受験では必須の大学が多く、外部英語試験の導入は中止になりましたが、実際は外部試験を導入している大学は増えています。

立教大学では英語の独自試験を行わず、英語はすべて外部試験のスコアを利用すると発表があり、取得した得点によっては満点換算されます。

受験での一発勝負でなく、積み重ねた努力が認められるという点では受験生にとってありがたい制度です。

しかし、できるだけスコアを高くとるために複数回受験をするという学生も多いので、特徴を把握して受験対策をする必要があります。検定料も高いので費用もかかります。

初めての試験で高得点をとるのは難しく、2回受けて自分の実力を発揮できるという場合もあると思います。 

私の息子は大学受験で複数の英語外部試験のスコアを利用しました。その経験を踏まえ、大学受験に向けてどの試験を受けたらいいのか考えてみました。

 

英検

英検のスコアを利用できる大学は多いので、まずは英検の取得を目指します。

全国の中高で推奨されている検定試験で、3〜4級くらいから取得している人も多く、日本人にとっては最も馴染みのある検定試験です。

まずは英検準1級まで取得を目指します。

英検準1級を取得できれば一部の英語に特化した学部以外は出願要件を満たし、受験でもメリットが大きいです。

理系の学部を目指すのであれば、英語外部試験の受験はここで終了しても良いと思います。

文系学部志望でもっと英語を頑張りたいと思う人は、準1級まで取得したら、英検以外の検定試験の取得をめざしまはしょう。

英検1級は難易度も高く、合格、不合格という評価基準があるので、スコアが高くても不合格だと合否にこだわり、何度も受けることになってしまいます。

準1級の実力があるなら、スコアで結果がでる別の試験を受けるのがおすすめです。

 

TEAP

TEAPは英語検定協会と上智大学が開発した英語4技能試験です。

上智大学が志望校なら受験は必須です。TEAPのスコアを利用しての試験があり受験機会が増えます。

TEAPは大学受験では利用できる大学が限定的なので、目指す学校がTEAP利用できるかを確認しましょう。

青山学院、立教大学では利用できます。

しかし、大学受験では英検の準1級のスコアが利用できる学校が最も多いので、上智を受けない場合はTEAP受験にこだわる必要はないと思います。

TOEFLかIELTSをおすすめします。

 

IELTSかTOEFLか

IELTS、TOEFLは海外の留学の際も使える世界標準の試験です。

海外の留学をめざすなら、IELTSかTOEFLのどちらかのスコアを求められることが多いため必ず受験することになると思います。

この2つの試験では、IELTSのほうが受験がしやすいと思います。

IELTSは紙ベースの試験ですが、TOEFLはコンピュータ上で問題を読みタイピングも必要な受験だからです。

IELTSはスピーキングも面接官と対面のため、英検の形式と同じです。

もし、パソコンで問題を読むことや、タイピングも問題ないなら、IELTSでなく、最初からTOEFLを受けても良いと思います。

コンピュータ試験のため受験機会も多いです。

どちらも試験に慣れる必要があるため、一回の受験でベストスコアを出すのは難しいかもしれません。

コンピュータで受ける形式の試験は試験日程も多く、成績開示も早いため、将来的にはコンピュータ試験が主流になると思います。

今後はパソコンで受験することに慣れていく必要がありますね。

留学ではTOEFL,IELTSが主流ですが、就職試験ではTOEICのスコアを求められるようになるので、就職活動の頃までにはTOEICを受けておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です