with コロナの就活

オンライン選考はメリットが多い?


コロナウイルスの影響から2021卒の就職活動ではオンライン面接が急激に増えました。

企業側も学生側も、手探りで始まったオンライン面接ですが、今後はオンライン面接を利用しての選考が主流になると言われています。
オンライン面接により、地方の学生にも選考のチャンスが広がりました。
また、人とのコミュニケーションがあまり得意でないと感じている学生は、オンライン面接の方が緊張しないという声も聞きます。
先日、企業人事の方に話を聞く機会があり、オンラインと対面ではその学生の印象はそれほど変わらず、選考はオンラインで問題ないといういう話を聞きました。
このようにオンライン面接のメリットは多いようです。

 

雰囲気がわからず不安、不満も


今年は会社説明会から最終面接まですべてオンラインで選考を受け、内定を得た学生もいます。
しかし、内定を得てその会社に行きたい気持ちはあるものの、一度もその会社に行ったこともなく、雰囲気もわからず不安という声もありました。
また、選考はすべて自宅のパソコンの前で完結するので、内定のありがたみも薄いかもしれません。
先輩社員との座談会もオンラインでは、なんとなく質問もしにくいのです。
選考会以外の待ち時間での同じ就活生との会話、ちょっとした休み時間の人事や先輩社員との会話が重要だったりするのです。

 

学生はリアルが恋しい


学生は会社選びで、会社の雰囲気をとても重視するので、会社に行けない、社員に会えないことを物足りなく感じています。
企業側が考える以上に、学生はリアルな接点を持ちたいと考えています。
企業側がオンラインと対面をうまく取り入れて選考していくことで、学生も納得して就活ができ入社を決めることができると思います。
雰囲気がわからず内定承諾を迷っている場合は、一度会社に行き直接話しを聞きたいことを人事に伝えるのも一つの方法だと思います。
遠慮せず、心配なことは入社前にクリアにしてほしいと人事も望んでいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です