エールを贈る曲

SEKAI NO OWARI 「さざんか」

セカオワは子どもたちが小学生の頃からお気に入りのアーティストです。

最近、ふと聞いたのがセカオワの「さざんか」という曲。

自分と重なるものがあり、一瞬で引き込まれてしまいました。

2018年の昌平オリンピックのテーマソングのために書かれた応援ソングですが、
セカオワらしく応援する側にも焦点をあてた優しいメロディーの曲です。

「さざんか」の花言葉は、「困難にうちかつ」「ひたむきさ」という意味があります。

赤くてエネルギーを感じる花で、冬に咲くことからも受験生と重なるものがあると思いました。

受験生、そして一緒に伴走し、応援している親にエールを贈る一曲だと感じます。

歌詞の一部をご紹介します。

僕は知っているよ。
君が一番輝いている瞬間を

 

夢を追う君へ

思い出して くじけそうになったら

いつだって物語の主人公が立ち上がる限り

物語は続くんだ

 

嬉しいのに涙があふれるのは

君が歩んできた 道のりを知っているから

MVには実際フカセくんも出演しています。

兄(フカセくん)が画家を目指す弟(神木隆之介さん)を応援ストーリーで描かれていますが、応援するひたむきな兄の姿は受験生を支える親と重なりました。

最後の場面では涙腺が…

一度じっくり見て、聞いてください。

ちょっと疲れてしまった時も元気をもらえる一曲です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です